脱毛の予約日直前に生理になった場合の対応について

脱毛の予約日直前、もしくは当日に生理が来てしまうこともあります。

ほとんどの脱毛サロンでは生理中がくると施術ができないため、前日や当日キャンセルは可能です。

その場合に無料で予約変更ができる所や、キャンセル料が必要な所、そして1回消化になってしまう所など様々です。

ペナルティがある所だと損をしてしまう可能性もあるため、特に生理不順気味の人は通う予定の所ではどのような規定になっているか、カウンセリングの時に確認をしておきましょう。

生理中の脱毛は肌トラブルの元になる?

もし予約日当日に生理がきた場合、VIOでも出血が少量だったりタンポンをすれば施術ができてしまうのではと思う人もいるかもしれませんが、他の日に振り替えをした方がいいです。

その理由として生理中はホルモンバランスが崩れていて、女性は時にこの時期は肌が敏感になっています。

ただでさえVIOはデリケートな部位なので、通常でも痛みを感じやすい上に生理中だと我慢ができなくなる可能性があります。

また、施術後にはかゆみや発疹などの肌トラブルが起こりやすくなります。

生理のリズムが安定していない方は、できるだけ前日や当日キャンセル時でもペナルティがない脱毛サロンを選びましょう。

生理中のVIO脱毛はできる?

生理中の脱毛はおすすめ出来ませんが、「時間がもったいないから、生理中でも脱毛は受けたい!」と思う方も多いでしょう。

ミュゼなど、口コミで人気の大手脱毛サロンでは生理中にVIO脱毛はできませんが、他の部位なら可能です。

目安としてショーツをはいた時にかかる位置は施術ができないため、VラインもIラインも、そしてヒップ奥でも施術はできません。

ただしキャンセル時のペナルティは違ってきます。

まずミュゼでは当日キャンセルでもペナルティは発生しません。そしてキレイモではプランによっては前日までのキャンセル料は無料、もしくは1回消化になってしまいます。

VIO以外を施術する場合でもVIOは1回分消化したことになります。できるだけ早く脱毛を完了させるためにも生理の予定と重ならない時に予約を入れましょう。

VIO以外の部位であれば生理中でも大丈夫?

生理中はVIO以外の部位であれば、施術をしてくれる脱毛サロンは多いです。

しかし、脱毛サロンで行われている光脱毛は全身のどの部位のムダ毛にもある“発毛サイクル”のうち、ムダ毛が最も太く成長する時期の毛に効果を発揮します。

そして、生理中はこのサイクルが乱れている可能性があるため、脱毛効果が出にくいのが大きなデメリットです。

また肌が敏感になっている時期に施術で万が一毛根の部分に雑菌が入ると、施術後の肌トラブルの原因となってしまうため、どの部位でも施術はしない方が安心です。

また生理でなくても体調が悪い時も同様なので、特に脱毛期間中は体調管理をしっかりと行いましょう。

事前に生理の予定日をなるべく避けて予約を!

生理中はホルモンバランスが普段よりも不安定になっていることで、施術時の痛みや施術後の肌トラブルの可能性が普段よりも高くなります。

また、脱毛効果の出方に関しては普段よりは期待できません。

なかなか予約が取れない脱毛サロンだとキャンセルするのがもったいないと思うかもしれませんが、どの部位であっても予約は変更する方が良いでしょう。

そのためにも、普段から生理のリズムが安定していない人は、もし当日に生理が来ても無料で予約日を変えることができる脱毛サロンを最初から選ぶことをおすすめします。