女性は身だしなみとして、ムダ毛の処理をしなければなりません。しかし、ただ単に体毛がなくなれば良い、といったものではなく、処理後の素肌が美しく整っていなければならないので、処理方法や処理前後の肌ケアなどにも気を配らなければなりません。セルフ脱毛は、コストも安く抑えられ、いつでも自分の手の空いたときにできる、というメリットはありますが、間違った方法で繰り返してしまうと、大切な素肌に深いダメージを植え付けてしまうことにもつながるので、見せられる、触れられる美肌に仕上げるということを意識して考えなければなりません。自己処理方法として、最も人気が高いものと言うと、やはりカミソリや電気シェーバーになりますが、しっかりと肌を保護した上で行い、処理後にも再び念入りな保湿ケアを行うこと、そしてお手入れの間隔を十分空けること、を守れば、肌へのダメージも少なく抑えられますが、ムダ毛の処理である以上、目立つとすぐに処理をしなければならなくなってしまうので、肌を傷付けずに行うことは難しいでしょう。乾燥が進みバリア機能が低下してしまうと、肌にかゆみが出てしまったり、黒ずみの原因にもなります。いらない角質が剥がれ落ちず、肌表面にたまったままになりやすく、ごわつき、ザラツキも起こってしまいます。次に人気の毛抜き・ピンセットは、狙った体毛をしっかりと処理できるというメリットはありますが、肌を引っ張ったりするのでかなりダメージが強く、毛穴の広がりや目立ち、そして広がった毛穴の中にばい菌が入ってしまう毛嚢炎や、体毛が毛穴の中で丸まって肌表面に出てこなくなる、埋没毛の原因にもなりやすいといわれています。毛穴がブツブツと鳥肌のように盛り上がってしまうので、見た目にはかなり汚らしくなってしまいます。盛り上がるだけではなく、毛穴が赤みを帯びたり黒ずみを帯びたりしてしまう方もおり、こうなると、とても人前には出せません。そして、体毛の質自体を弱らせていく、脱毛石鹸や除毛クリームは、体毛を溶かすため、肌にはかなり強い刺激を与えてしまいます。よほど、肌が強い、と自負している方でないと、肌荒れ・かぶれを起こしてしまうリスクが高い処理方法なので、あまりお勧め出来ません。数分肌の上に置いただけでも、ひどいかゆみやひりひり感に見舞われてしまう方も多く、真っ赤に腫れてしまう方もいらっしゃいます。このような皮膚炎を起こしてしまうような方法は、肌ケアとしては適切ではありません。