露出の増えるこの時期、脱毛したいと考えている方も多いのではないでしょうか。お得なキャンペーンやお試し体験をしているサロンも多く、とても魅力的ですよね。そこで今回、サロンに行く前に注意しておきたいことをお伝えします。
《サロンを選ぶ際は、体験・無料カウンセリングに行くべし》
完全に脱毛するには数回サロンに通う必要があります。サロンによってはスタッフや機材、脱毛方法等の合う合わないがあるので、一回は体験に行きましょう。
《ほとんどのサロンで勧誘はある》
正直、殆どのサロンで勧誘があります。勧誘も様々ですが、「他の部位の脱毛も」や「施術の最中・施術の後に使った化粧品を自宅でも使用することで、より良い効果が期待できる」等、こんな感じです。
実はこの化粧品がめちゃくちゃ高いんです。筆者の通うサロン経営者の話によると、「エステ自体はスタッフの手なのでお金はかからないが、使用する機材が高いから採算を合わせるために化粧品を売る。それも、仕入れ値は安いが儲けを取るために高く売る」だそうです。
《では、上手く断るには?》
ここまでで殆どのサロンで勧誘があることは分かりました。では、上手く断るにはどうしたらいいのでしょう。筆者の友人は、店長まで出て来て契約するまで帰してくれなかったそうです。
大抵お金を理由に断ると、お得なキャンペーンの売り文句やローンの提案など、スタッフが言葉巧みに説得してきます。しかし「脱毛するのはここの部分だけと決めていたので 」と貫き通しましょう。もしくは「化粧品はこだわりがあり、今使っているものから変える気はない」と嘘をついても構いません。
筆者の友人のように帰してくれないということを避ける為に、予め施術前や施術最中に「帰りの電車の時間が〇〇時なので」と時間があまりないことを話しておくと、時間を理由に帰ることができます。
《断りきれず契約してしまったら》
断りきれず契約してしまったら、クーリングオフを利用しましょう。しかし「契約書の日付から8日以内で、契約金額が5万円以上、契約期間が1ヶ月以上」という条件があるので、あてはまるか確認しましょう。
文中に登場した、契約するまで帰してくれなかったという筆者の友人は、その後泣き寝入りしてしまいました。帰してもらいたいから契約するとは言ったものの、お金もないので安くしてほしいと話すと、通常20万円を15万円にするとのこと。それでも高いが、仕方なく契約することに。あとから解約したいとも思ったが、解約金もかかるとのことなので解約もできず、泣き寝入りしてしまいました。こうならないためにも一人で悩まずに、まずは消費者センターなどに相談してみましょう。