脱毛サロンとクリニックでは痛みの度合いは違う

脱毛サロンとクリニックでは、脱毛の施術を受けた時の痛みの度合いが違ってきます。

一般的にクリニックのレーザー脱毛の方が痛いと感じる人が多いですが、これはクリニックの脱毛はサロンでの脱毛に比べて照射の出力が高いからです。

また、脱毛をしてもらって痛いと感じるかは、お店で使っている脱毛機の種類によっても異なります。

更に、脱毛機の照射レベルがどの位高いかにもよるので、施術中に痛すぎると感じた時には、スタッフにもう少し弱く照射してくれるように頼むという方法で対処出来ることもあります。

脱毛サロンの脱毛施術の痛み

脱毛サロンで施術をする時に使われるのは多くの場合、光脱毛機です。

このタイプの脱毛機は一般的に、施術中に痛くないことが特徴です。

しかし、脱毛の施術によって感じる痛みの程度は人によって個人差があるため、全く無痛で受けられる人もいれば、輪ゴムではじかれた位の刺激を感じる人もいます。

それから、脱毛の痛みは部位によっても異なるので、脱毛サロンでも施術を受ける部分によっては刺激が強いと感じる時があるかもしれません。

クリニックの脱毛施術の痛み

クリニックでムダ毛の処理に使われるのは医療レーザー脱毛です。

レーザー脱毛は、サロンの光脱毛に比べて施術中に痛いと感じる人が多いですが、それは出力が高く、ムダ毛に強く作用するということでもあります。

クリニックで脱毛をする場合、痛くても我慢しなければならないのかと言うと、そんなことはありません。

クリニックは医療機関であるため、表面麻酔を使って施術中の痛みを軽減することが可能です。

痛みが心配な人はあらかじめ麻酔の使用を医師にお願いしておくと安心でしょう。

脱毛で一番痛い部位はデリケートゾーンのVIO脱毛

脱毛の施術を受けて一番痛い部位は、脱毛サロンでもクリニックでもデリケートゾーンのVIO脱毛だと言われています。

その理由は、脱毛はムダ毛の中のメラニン色素に働きかけて毛と毛根を処理していきますが、この部分の毛は色素が濃いため、反応が強くなり痛みも強く出やすいからです。

それに加えて、この部分の皮膚がデリケートであることや、Iラインは粘膜に近い部分であることも痛みを強く感じやすい原因になっています。

なお、色素沈着がある部分の肌も脱毛の痛みが出やすい部分となっているので、デリケートゾーンに黒ずみがある場合は施術を受けても大丈夫かを事前に確認しておくと良いでしょう。

痛みが苦手な方は脱毛サロンがおすすめ

光脱毛とレーザー脱毛はどちらにもメリット・デメリットがあるので、比較検討して自分に合いそうな方を選ぶと良いのではないでしょうか。

例えば、クリニックで受けられるレーザー脱毛には、効果が高いという特徴があり、脱毛完了までの回数がサロンで施術を受ける場合の半分程度で済むというメリットがあります。

その反面、レーザー脱毛には痛みの強さが強いというデメリットがあるため、痛みが苦手でなるべくマイルドな施術を受けたいという人には脱毛サロンの利用をおすすめします。